朝起きれない人の理由と対策

生活
リンクユニットアドセンス

「朝起きたいのに起きられない!」このような人、すごく多いと思います。この記事では朝起きられない人向けに、朝起きれない理由と、朝起きられる対策方法を紹介しています。これからはすがすがしい毎朝を迎えましょう!グッドモーニング!

朝起きれない人の理由

睡眠時間が短い

日本人の平均睡眠時間は7時間程度です。健康に良いのも7時間~8時間という調査結果もあるので、睡眠時間がそれよりも少ない方は少し睡眠時間を延ばした方が良いかもしれません。

睡眠の質が悪い

夜途中でトイレに行きたくなって起きてしまう。夜途中で暑くなってしまって起きてしまう。これらは睡眠の質が悪い典型的な例となっています。

ストレスが溜まっている

ストレスが溜まっている状態だと、交感神経が優位になってしまっている状態です。この状態はいわゆる興奮状態なので、寝ようと思ってもなかなか寝られずに…朝も起きられないからさらにストレスが溜まる…という悪循環が起こってしまいます。

生活リズムが崩れている

夜型の生活をしていると、夜は眠くないのに朝は眠いという身体になってしまいます。

やる気が出ない

やる気が出ないと朝起きる気力も出ませんよね。何か目標がなかったり、生きがいが無い人だとこれに当てはまることが多いです。

布団の外が寒い

など特に、朝起きると布団の外が寒くて布団から出たくなくなってしまいます。

スポンサーリンク

朝起きれない人の対策

昼寝をしない

昼寝をすることで肝心な夜眠りたい時に眠れなくなってしまいますよね。どうしても昼に眠くなってしまった時は、机に突っ伏した状態で寝るなど、簡単に起きられる状態で仮眠を取るようにしましょう。

寝る前にカフェインを取らない

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインは寝つきを悪くしてしまいます。朝にコーヒー紅茶を飲むことで思考がすっきりしますが、夜飲むのはやめましょう。

その日一日で運動をする

運動した日の夜って疲れでぐっすり眠ることができますよね。30分でもいいので、軽く体を動かす習慣を作ることをお勧めします。趣味でできる身体にいいスポーツを紹介する記事を用意しておりますので、気になる方は是非そちらもご覧ください。

趣味でできる健康スポーツを大紹介【厳選10選】
今回は、健康スポーツを探している方に、偏見なし!好き嫌いなし!で私がおすすめする趣味でできるスポーツを厳選して紹介します。それぞれのスポーツで得られる健康効果は違ってきますので、その辺もチェックしながら読んでくださいね!

お風呂に入る

お風呂に入るとリラックスできるので、副交感神経が優位になり、質の良い睡眠ができますよ。

寝る前に軽くストレッチをする

寝る前に身体を動かすことはかえって寝つきが悪くなることにつながりそうですが、寝る前にストレッチをすることでその日1日の身体の疲れや心身の緊張を取り除くことができるので、副交感神経が優位になり、リラックスして睡眠をすることができますよ。

目覚まし時計を使う

自分に合った目覚まし時計を使いましょう。アニメのキャラクターや芸能人の声で起きられる目覚ましも最近多いので、アニメ好き、芸能人好きの方は朝に強くなっちゃうかも!?ちなみに私のおすすめはベル音の目覚まし時計です。

布団の外を暖かくしておく

冬の朝は寒くて布団から出たくなくなってしまいますよね。その対策として、エアコンのONタイマーなどを使って、朝起きる時間に部屋が温まった状態を作れば朝寒いから布団から出たくなくなるという機会は減りますよ。

寝る前はスマホやパソコンを触らない

スマホやパソコンから出るブルーライトによって睡眠ホルモンであるメラトニン(※)が減ってしまいます。

※メラトニンとは脳から分泌されるホルモンで、体内のメラトニン量が増えてくると眠気を誘う作用があります。

次に紹介するのは、朝起きるためにやってはいけないことです。

寝たいという理由でアルコールを摂取する

酒を飲むと眠くなるので、寝るために寝る前お酒を飲んだことのある方はいるかと思います。しかし実は寝る前のお酒はおすすめできません。というのは、お酒の効果で寝つきは良くなりますが、睡眠の質が下がってしまうからです。睡眠の質が下がるので、寝ている間に身体や精神の疲れを取り除ききることができず、朝起きられないという悲劇が待っています。

いかがでしたか?朝起きれない人は、この記事で紹介したことを「頭ではわかっているのに行動に移せていない人」、がほとんどだと思います。行動に移せないで困るのは結局自分なので、朝起きたい!と思ったらすぐに今回の記事で紹介したことを実践していきましょう。