爪の縦線・横線・でこぼこができる理由と治し方を解説

身体
リンクユニットアドセンス

爪にネイルをしている時、「この縦線は何だろう?」と思ったことはありませんか?この記事では爪の縦線、横線、でこぼこについてできる理由と治し方を解説していくので、今まで謎だった爪にできる縦線の原因を知ることができます!文章も短いのでサクッと読むことができますよ!

そもそも爪とは

爪は皮膚の表皮の角質が変化し指先を保護する役割を果たしています。主にタンパク質の一種であるケラチンからできており、厚さは0.3mmから0.65mmで、手の爪は1日に0.1mm伸びます。人の手の爪が完全に再生するには3ヶ月から6ヶ月かかり、足の爪が再生するには更に時間がかかります。爪を見れば健康が分かると言われるほど、爪と健康は密接にかかわっています。

爪の縦線

爪の縦線はどうしてできる?

爪の縦線は、爪の乾燥と老化(エイジング)、ビタミンBやアミノ酸、タンパク質等の栄養不足アジソン病(※)、ストレス、睡眠不足が原因でできることが多いです。

※ アジソン病とは、副腎皮質で産生されるホルモンが不足することから引き起こされる病気で、体重減少、食欲低下、立ち眩み、吐き気や嘔吐などの症状を引き起こす病です。

爪の縦線はどうすれば治る?

保湿用のハンドクリームを爪に塗ることで爪を乾燥から守ることができます。また、食生活をしっかりとする、睡眠時間をしっかりととる、という規則正しい生活習慣を送ることで爪の縦線を改善することができます。線をやすりで削るのは、爪が薄くなり割れてしまう原因となることもあるためあまりおすすめできません。

表1 爪の縦線の原因と治し方

原因

治し方

乾燥

ハンドクリームを塗る

栄養不足、ストレス、睡眠不足

規則正しい生活習慣を送る

アジソン病

病院で検査

スポンサーリンク

爪の横線

爪の横線はどうしてできる?

爪母(※)を損傷させてしまった、栄養不足、が原因です。

※ 爪母は、「そうぼ」と読みます。爪の付け根にあって爪を作る組織のことです。爪の付け根に白い半月のような場所がありますが、それよりも少し深く肉眼では確認できない場所にあります。

爪の横線はどうすれば治る?

爪母が原因の場合、爪が生え変わるのを待てば自然と横線は消えます。栄養不足が原因の場合、タンパク質やビタミン、鉄を摂取するなどの食生活を改善することが必要です。

表2 爪の横線の原因と治し方

原因

治し方

爪母

爪の生え変わりを待つ

栄養不足

食生活の改善

爪の黒い線

爪の黒い線はどうしてできる?

ほくろやメラノーマ(がん)が主な原因です。

爪の黒い線はどうすれば治る?

ほくろであれば取り除かなくても健康上問題ないので基本的には放置になると思います。しかしメラノーマであれば早急メラノーマの除去等の対応が必要となってくるので、病院に行って診察をしてもらうことが必須となります。少しでも気になった方は早めに医師に診察してもらうようにしてください。

表3 爪の黒い線の原因と治し方

原因

治し方

ほくろ

メラノーマ

病院で診察

爪のでこぼこ

爪のでこぼこはどうしてできる?

波状のでこぼこが現れてしまう症状は爪異栄養症といい栄養不足や水分不足、不規則な生活習慣が原因です。点状のでこぼこが現れてしまう状態を爪甲点状陥凹といい、ストレスが原因です。

爪のでこぼこはどうすれば治る?

爪異栄養症の方はきちんとした食事をとり、きちんとした睡眠時間を確保するなどの生活習慣を送る。爪甲点状陥凹の方は休養を取る、趣味の時間を確保するなどしてストレスの解消をしてください。

表4 爪のでこぼこの原因と治し方

原因

治し方

爪異栄養症

規則正しい生活習慣を送る

爪甲点状陥凹

ストレスを解消する

いかがでしたか?「爪は健康のバロメーター(※)」ともいわれるほど、人の健康状態を表す正確な指標となります。仮に横線ができてしまったとしても心配し過ぎる必要はありませんが、縦線ができてしまったら要注意です。もし爪の異常さが確認できれば、食事の栄養、ストレス、生活習慣のどれかが悪いということなので、すぐに自分と向き合うようにしてみてくださいね。

※ バロメーターとは、気圧計のことで、あるものごとの状態を指し示す目印、という意味で使われます。